ソーダグリーン青峰「アーメイに曲を書けて夢が叶った」

アルバム『阿密特』に収録されている「掉了」は現在台湾で大人気のバンドソーダグリーン(蘇打綠)のヴォーカル・チンフォン(青峰)が作詞作曲を担当していますが、その裏話。

蘇打綠為阿妹寫歌 大喊爽啦!  09/06/30 聯合報

かつて「一番楽曲提供したいのはアーメイ(張惠妹)」と語ったことがある青峰。ついに願いが叶いアーメイに「掉了」を提供することとなり、大きな反響を呼んでいます。彼は「やった!」と叫び、昨日最終版を聞いて涙が止まらなかったそうです。「本当はこの曲をアーメイに歌って聞かせようと思っていたんだ。あとからテレビでアーメイが父親の死に目に会えなかったことを悔やんでると話してるのを聞いて、歌詞を直しもっとアーメイの心境に合うようにしたんだ」と青峰。


ちがうよ、青峰!アーメイじゃなくてアミトゥだよ!!!(笑)

これは実は青峰がPTT(大学生がよく利用してる掲示板)に書き込んだ物がネタのようです。
掉了

アーメイのお父さんは彼女がオーディション番組に挑戦中に亡くなりました。そのころ彼女は台北にいて、父危篤の知らせを聞き姉たちと急いで飛行機で駆けつけようとしましたが、天候が悪く飛行機が飛ばず臨終には立ち会えなかったそうです。
「台東の家族から『お父さんはお前達を待ってるよ』と何度も電話がかかってきて、航空会社の人に何度も『行かせてください』『飛ばせてください』とお願いをしたんだけど、『無理です。みんな待ってるからあなた達も待ってください』と言われ、飛行機が飛ぶようにとずっとお祈りをしてたの。でも最後には『お父さん、亡くなったよ』と電話がかかってきて…」

アーメイも出演したラジオで言っていましたが、ある日青峰から電話がかかってきて「あなたのために曲を書きたい」といわれ、できあがってきた物がすばらしかったので自分もスタッフも気に入ってすぐに採用を決めたそうです。
もちろんアーメイはこだわるタイプなので、歌詞には何度か修正が加えられたそうですが、お父さんのことはこれまでずっと心の中で石のように重くのしかかっていたのですが、この歌を歌ったことで少し気持ちが軽くなったと言っていました。

ご購入はこちらから↓
阿密特-Mv Dvd預購版(DVD付き, 限定盤)【CD】-|HMV ONLINEicon
阿密特 意識專輯(台湾盤) - Amazon.co.jp
| ディスク > 09 A-mit | comments (0) | trackbacks (0)edit

comments

comment form

trackback url

http://www.a-mei.jp/news/ANF/sb.cgi/1502

trackbacks

当Blogは張惠妹ファンサイト
A*mei-projectの一コーナーです。
twitter AmeiProject
latest entries
categories
archives
recent comments
resent trackbacks
profile
Contact
ご用の方は下記までご連絡下さい。
others